居住地区の新盆のお宅参りをしてきました。
若くして亡くなった方のお宅はツライし、お世話になった方のお宅では思い出が蘇ってきましたね。

ご先祖様が帰ってくる季節という感覚はあるのですが、なぜか犬たちが帰ってくるという気はしません。
見送った子も死産の子も、小鳥に至るまですべての子たちを敷地の一角に葬っているのでいつも我が家に居ると感じているからでしょうね。

明日も朝から仏様用の御膳作りです。
毎年思うことだけど、私が死んだらこんなご飯(精進料理)ばっかり食べてられへん! 肉食わせろ~ ってキレそうです


スポンサーサイト

コメント 0

新着記事一覧